2013年06月14日

発音大学と英会話 近道

hatsu01.jpg
丁寧い発音をしているつもりだけれど、相手は困惑した表情を見せることが多く、自分の発音力の低さにイライラするばかりだったとしても、
自分の何が悪かったのかがはっきりすると同時に、発音がドンドンきれいに矯正されていき、苦手にしていた音もスムーズに出せるようになる方法がこちら





あなたも、発音の違いなんかとっととわかるようになって、今すぐにでも下のようになりたいと思いませんか??

cimages.jpg

帰国子女と間違われる

日本語の英語発音に逆に違和感を感じるようになる

■英語で電話での会話が成立するようになる

■日本語にない音の違いがわかるようになる



英語圏に行けば、発音がきれいになればなるほど教養があるという印象を相手に持ってもらいやすく、

より円滑にコミュニケーションが取れるようになるものの、逆に言えば、発音にひどいなまりがあったり、

発音ミスが多い場合には、「なんだこのアホは。。。」といった視線で見られることになります。


発音が汚いせいで見下されたり、相手にされなかったりしてしまうのが現実で、

時には、あなたの人格ですら否定されるようなことになりかねません。


ただ、日本語とは全く発音体系の違う英語を、耳で聞いて覚えようとかしようとしても、

どうしても聞き取れない音が存在しますので、↓のような悩みが解消されることはありません。

depression1.jpg

■発音を習っているがしっくりこない

■自分ではできているつもりでも、相手にはほとんど伝わっていない

ネイティブとのコミュニケーションがギクシャクする

ぎこちない発音しかできない




英語では、日本語よりも周波数のカバー範囲が広く、日本人が普段耳にしている言葉の「音」から大きく外れた音が数多く存在しています。


こうした発音を身に着けるためには、耳で聞いて覚えるのではなく、実際に自分でやってみて覚えるしか方法はなく、

正しい発音となる口の動かし方や舌先の使い方、息の吐き方などを覚え、その時の感覚をどんどん体に落とし込んでいくことが重要になります。

hatsu02.jpg

スコットペリーの発音大学は、難しくなりがちな英語の発音の仕方を7つのポイントに絞ることで、スムーズに覚えられるように工夫されています。


開発者のスコットペリーとはそもそも言語学者として日本語と英語の違いを学問レベルで把握をしている人で、

なおかつ日本にきてすでに20年以上も経過し、すでに2000人以上をバイリンガルへと育て上げてきた実績がある人です。


つまり、日本人がどんなところに躓きやすいのか、何を弱点としているのかを何から何まで知り尽くしており、

発音大学では、彼の身に着けたノウハウが徹底的に網羅されています。

スコットペリーの発音大学で、1日30分弱の自主レッスンだけでも、30日後にはネイティブ並みにきれいな発音ができるようになる秘密をこちらでも詳しく紹介をしています。

hatsu08.jpg



posted by 発音大学 at 04:14| 英会話 近道 | 更新情報をチェックする

発音大学と英語 発音 コツ

hatsu06.jpg

発音大学を開発したスコットペリーとは、

リスニングパワーというリスニング教材も開発した人で、ネット通販では石川遼で有名なスピードラーニングと人気を二分するほどの評判を得ており、

実際に楽天のレビューではすでに1000件近くの口コミが寄せられています。


彼の発音指導力は、日本に来日した当初からずば抜けており、中学校の英語の授業のアシスタントティーチャーとして来日して始めて受け持った生徒の中には、

わずか3か月で、数々のスピーチコンテストに入賞を果たす実力を身に着け、日本で最高の英語弁論大会である「高円宮杯全日本中学校英語弁論大会」にまで出場してしまったほどです。



発音大学では、スコットペリーがこれまで培った経験とノウハウがシンプルにまとめ上げられており、

日本人が躓きやすいポイントであったり、苦手とするポイントをスムーズに突破できるように工夫されています。

hatsu11.jpg

英語には日本語にない音がいくつもあるわけですが、それはつまり、私たちが普段やらない口や舌先の使い方をしたりすることなり、最初は大変な違和感を感じるものです。


しかし、発音大学では、こうした違和感を手っ取り早くなくして、早めに正しい発音の仕方が身に着けられるように工夫されていて、

日本人が苦手にする発音、たとえば、rとlの違いや、thの発音なども、スムーズにできるようになっていきます。


ほかにも、単語と単語をつなげた時に出てくる音や、単語を早く発音したときに発生する音など、

普通にリスニングをしていたら、間違いなく聞きそびれてしまいそうな音であっても、自分がまずはできるようになってしまうと、

体で音の感覚をつかめるようになりますので、リスニング力も自然とアップしますよ。

hatsu11.jpg

あなたも、ネイティブを目の前にすると、英語に対する劣等感に頭を悩まされ続ける日々からさっさと抜け出して、

あれだけ困惑した表情を見せていた外人と、笑顔で英会話ができるようになり、気持ちを分かり合えるコミュニケーションを楽しんでみませんか?




hatsu16.jpg
英語の勉強にこれ以上無駄な時間とお金を費やす前に、スコットペリーの発音大学で、ネイティブと冗談をかわせるようになるにはこちら





posted by 発音大学 at 04:14| 英語 発音 コツ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。